薬事法の規定について基本を抑えよう☆

問題文にある薬事法は、平成26年11月から「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保に関する法律」となっています。 第36条の4の第3項の条文はこちらでご確認ください。 http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%96%F2%8E%96%96%40&H_NAME_YOMI=%82%A0&H_NO_G…

続きを読む

医薬品等の相互作用に関する次の記述のうち、正しいもの

 1 .  医療機関で治療を受けている場合には、通常、その治療が優先されることが望ましく、一般用医薬品を併用しても問題ないかどうかについては、治療を行っている医師又は歯科医師若しくは処方された医薬品を調剤する薬剤師に確認する必要がある。  2 .  かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、アレルギー用薬等では、成分や作用が重複することは少なく、通常、これらの薬効群に属する医薬品の併用は…

続きを読む

薬事法第50条の規定に基づき、原則として一般用医薬品の直接の容器又は直接の被包に記載しなければならない事項の正誤

問題文中の「薬事法」ですが、平成26年11月から「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保に関する法律」と名称がかわっています。 条文の参考として、以下にURLを示します。 http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%96%F2%8E%96%96%40&H_NAME_YOMI=%82%A0&H_…

続きを読む

薬事法第77条の4の2第2項に規定される、医薬関係者(登録販売者を含む。)による医薬品の副作用等の報告先

医薬品の副作用等によるものと疑われる健康被害の発生を知った場合において、保健衛生上の危害の発生又は拡大を防止するため必要があると認めるときは、その旨を厚生労働大臣に報告しなければなりません。 医薬品の副作用によるものと疑われる健康被害の発生や、その医薬品の使用によるものと疑われる感染症の発生等を知った際には、定められた期限までに厚生労働省に報告することが義務づけられています。 平成2…

続きを読む